【親知らず:前編】口が開かない

スポンサーリンク

[過去ブログを修正して掲載]

親知らず

口が開かない

1月10日朝:朝食を食べようと思ったら口が開きませんでした。

いつも通り朝食のパンを食べようと思ったら口が開かないことに気付きました。

頑張って口を開けて、ようやく指2本分という感じでしょうか。頑張らないと6枚切りのパンも口に入りません。仕方ないので今朝はパンを小さくちぎって少しずつ食べました。

上の(左)歯に親知らずがあるのですがこの近辺がどうも怪しい。激痛ではありませんが痛みのもとは、歯…というか歯茎?昨日まで口内炎だと思っていたのですが(実際に口内炎もできています)、口内炎ではなさそうです。

顎関節症の気も多少あるので、顎関節症が原因か親知らず周辺が原因か素人の私には分かりません。よく見ると左側の頬が腫れているようにも見えます。

になっても口は開かず(相変わらず指2本分)、昼はうどんを1本ずつ食べてみました。

医者は嫌いだけど、今回ばかりは歯医者に行く覚悟を決めた方がいいかしら?

歯医者

1月10日午後:我慢できないほどの痛みではなかったけれど、大きな口を開けられないことがストレス!(笑)
ご飯は大きな口をあけて食べたいものです。

歯医者に電話して今の状況を話したら、急患扱いで当日の予約を受け付けてもらえたので行ってきました。

口の中を診てもらい(あまり口が開けられないので奥の方までは見えなかったようですが、腫れてることは一目瞭然だったようです)口の中に指を突っ込み指先で腫れている(と思われる)部分を探り、

 「ここ痛いですか~?

あい(はい、と言っている)痛いですっ!(心の声)

腫れている部分は予想通り親知らずの歯茎なので、レントゲンを撮ってもらい親知らずの状態を確認。

少しだけ斜めに生えているけれど、頭の部分(?)は全部ニョキッと出ている。

どうします?

うーーーん。

歯医者さんは、抜きなさいとは言いませんでした。私の気持ち次第です。

また、同じようになったらイヤだ…
でも、抜くのは怖い。
でも、親知らずを抜いた経験は、既にあるから…これを機にもう1本抜いちゃおうかな?
抜いたらきっと楽になる(だろう)

抜いてください

また同じようになるのはイヤなので、抜くことを選択しました。

今は炎症がひどく抜けない(そもそも口が開かないから器具が入らない)ので、炎症が治まったら抜歯という運びとなりました。

3日ほど抗生物質を飲み、1週間後には腫れがひくだろう。ということで1週間後に抜歯(予定)です。

歯医者にいた時はちょっとの痛みだから「鎮痛剤は要りません」と断ったのですが、帰って来たら痛みが増しました。

痛い…

痛くなったら市販の鎮痛剤(頭痛薬)を飲んでいい、と言われたので、さっそく飲みました。

痛い…

痛い…

痛いじゃないかっ!(怒)

歯医者で口の中を触られると痛みが増しますよね。

激痛

1月10日夜:1日でこんなにも悪化するものなのか。

恐るべし、親知らず!

左側の頬が腫れ、激痛が走り、動くと振動で更に激痛。
なぜか喉にまで痛みが広がり正直泣きたい気分です。

歯医者では『親知らずの炎症』としか言われなかったけれど、調べてみたら“智歯周囲炎”という名前らしい。

智歯周囲炎 (ちししゅういえん)とは: 社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

頬から耳のあたり、そして喉まで痛い…。左側絶不調は、いつまで続くのか…。明日の朝には、ちょっとでもいいから、痛みがひいてますように。

顔が変形!?

1月11日朝:今朝起きたら顔が腫れて変形していました。自分の顔とは思えないほど歪んでいました。

顔半分がパンパンに腫れ、首筋のリンパも腫れ、別人のような顔になっていたので娘に大笑いされました。笑い事じゃないわよっ!!と思いながらも、自分の顔を鏡で見ても笑いそうになります(苦笑)

原因が分かっているので笑ってしまいましたが、原因不明で起きた瞬間顔面が腫れていたらきっと大騒ぎになるでしょう。

喉の痛みが激しくなり、鎮痛剤も効きません。

再び歯医者

1月11日午前:我慢できずに、再び歯医者に予約を入れました。そのままの顔で外に出るのは抵抗があったので、大きなマスクで顔を隠して行きました。

口の開きは昨日より悪化し、小指1本分しか開かないため診察すらできず、お医者さんが想像していた以上に腫れてしまったので違う抗生物質と痛み止めの薬を貰ってきました。

こんな顔になっても、激痛が走っても、抗生物質を服用して炎症を抑えることしか出来ないようです。顔が腫れて歯茎は痛いけれどお腹はすきます。朝食をたべなかったので空腹です。

でも小指1本分しか口があかない。
顎が動かなくて噛めないので昨夜に続き食事はゼリーとヨーグルト

痛み激減

1月12日午前:昨晩深夜に我慢できないほどの激痛に襲われ、痛み止めを飲みました。

そして、今朝起きてみるとあら不思議♪痛みが激減していました。歯医者でもらった鎮痛剤の効き目が抜群でした。

ピークの痛みを10とすると、今朝は3くらい。顔の腫れは相変わらずですが頬の腫れはマスクで隠せる!

口は相変わらず指1本分しか開かないけれど、痛みがひいて少し顎が動かせるようになったので、お粥や雑炊などの柔らかいご飯なら食べられるようになりました。

ゼリー&ヨーグルト生活よ、さらば!

普通のスプーンは大きすぎて口に入らないので、お粥や雑炊もゼリーやプリンを買うとお店でもらえるプラスチックの小さいスプーンで食べました(笑)

早く大きな口を開けて、ご飯が食べたい。

からだ/健康と美容
広告

広告

いそいそブログ