ゆったりくつろぐ!大きく重いソファより座椅子がおすすめ

こんにちは。五十恵です。

あなたの家(部屋)では大きくて重いソファを使っていますか?

座椅子=和室というイメージもあるかもしれませんが、最近の座椅子はとってもおしゃれです。

新しいソファをワクワクしながら購入して、引っ越しや処分の段階で「なんでこんなに大きいのを買ってしまったんだろう」と後悔したことはありませんか?

大きなソファの購入を考えている方へ、座椅子も視野に入れて考えてみませんか?

というお話です。

スポンサーリンク

1人掛け座椅子×2をおすすめする理由

  • リクライニングの角度にはそれぞれ好みがある。
  • ソファは処分&引っ越しが大変
  • ソファは部屋が狭く感じる(買い替えてわかった)

後半でそれぞれ説明したいと思います。

憧れのソファ生活だったのに

最近は和室のある家が少なくなりフローリングの部屋が増え、座椅子よりおしゃれなソファを使う人が多いですよね。

私の家は古く和室が多いのでどの部屋も座布団と座椅子が必須です。

しかし、居間で(リビングと言いたいところですが和室なので居間です)2人掛けのローソファを使っていた時期もありました。

ずっと畳の上の生活なので、ソファに憧れていたの

こういうローソファです。

がっちりとした大きなソファはあまりにも和室と不釣り合いだったので、畳の上にラグを敷いてローソファという、無理やりソファ生活!

そのローソファが古くなり、次はどうしようか・・・と考えることはなく、『座椅子』の一択でした。

長年憧れていたソファ生活ですが、実際に使っていると不便だったのです。

座椅子おすすめ理由1:リクライニング

リクライニングの角度にはそれぞれ好みがあります

テレビを見たり読書をしたり、ゲームをしたりスマホを見たり、それぞれくつろぐ時に座りますよね。

同じ部屋で同じテレビを見ていても、リクライニングの角度を「もっと倒したい」「もっと起こしてほしい」、なかなか意見が合わないのです。結局、

どちらかが妥協。

せっかくリクライニング機能が付いているのに、好きな角度では使えませんでした。

ソファはもっとくつろげるものだと思っていたのに・・・

想像していた生活と違いました。

そして、購入したのは座椅子×2

ムリに並んで座る必要はないので、好きな場所で自由に使えるようになりました。

座椅子おすすめ理由2:処分と引っ越し

処分にもお金がかかる

2人掛けのローソファは、自治体にもよるかもしれませんが、私の地域ではサイズが大きすぎて粗大ゴミとしてゴミステーションに出すことができませんでした

キレイな状態での買い替えなら、リサイクルショップに引き取ってもらうことも可能かもしれませんが、ボロボロのローソファは引き取ってもらえず、有料で回収してもらうかゴミ集積場に自己搬入(有料)することになります。

面倒くさがりだから、こういうことも大嫌い

引っ越し

これは言わずもがな・・・、重いより軽いほうがラク。大きいより小さいほうがラクです。

(模様替えもラクですからね)

処分することまで考えると、やはり座椅子が良い!

2つ並べて座るも良し、別々に座るも良し、くつろぎタイムは思いきりリラックスしましょう。

座椅子の大きさ

座椅子の重量は約10kg、重いソファと違って移動ができるところが良いですね。

耐荷重は約100kgなので、体の大きな人でも大丈夫です(お相撲さん並みに大きな人はちょっとムリかもしれませんが・・・)。

座椅子は背もたれ部分が頭まであるほうが良いです。

肩あたりまでの座椅子もありますが、肩までのものは頭を自力で持ち上げていないといけないので、首や肩に少し負担がかかります。

いろいろ使ってみて背もたれの長さ(高さ)はかなり重要だと感じました。

座椅子を買って分かったこと

部屋が広くなる!!

部屋の大きさが変わったわけではありませんが、ドーンと存在感のあったソファが無くなりすごく部屋が広く感じるようになりました。

お天気の良い日は外で天日干しができる!

ファ●リーズなどの消臭剤をシュッと吹きかけて干せるのは本当に良い!これはソファでは不可能ですからね。

2人で座りたい


私は子供と並んで座っていたので、別々になっても特に問題はありませんでしたが、「ずっと並んで座っていたい」そんな仲良しラブラブな人たちもいるでしょう。

一緒に座って、尚且つリクライニングは好きな角度に調整できる。

仲良しさんたちにはおすすめです。

ただし、処分するにはちょっとサイズが大きくて、重量は約15kgあります。
(それでもソファよりは軽いと思います)

欠点

お客さんが来たときは、ソファのように「どうぞお掛けになって」とくつろぎ座椅子には勧めづらいです。

お掛けください

えっ!その座椅子に?

こんな反応になりますよね。

しかも家族の人数分しか無い場合が多いです。

これが居間(リビング)で座椅子を利用での最大の欠点かもしれません。

前もって来客だとわかっている場合には座椅子をいったん片付けて座布団を用意しておくのですが、突然の来客だとちょっとバタバタします。

低反発座椅子 ラージサイズ 42段階リクライニング

【サイズ】幅58x奥行109~166x高さ16~72cm
【重量】約9.7kg
【耐荷重】約100kg

座椅子 ワイド座面 42段階リクライニング

【サイズ】幅770x奥行740~1290x高さ210~710mm
【重量】9.5kg
【耐荷重】80kg 

座椅子 曲げ木 ロータイプ

【サイズ】幅62.5×奥行60.5~83×高さ67.5~75.5cm
【重量】7.5 kg
【座面高さ】22cm
【座面サイズ】幅56.5 奥行46.5cm
【背部サイズ】幅54.5 長さ57cm
【肘掛け間幅】54cm
【床から肘掛けまでの高さ】32.5cm

ブログランキング参加中

よろしければポチッとひと押しお願いします
   にほんブログ村 その他日記ブログ 50代女性日記へ
ブログランキング|にほんブログ村

インテリア
スポンサーリンク
動きたくない五十恵さん

コメント