クリアファイルで簡易ゴミ箱作り

スポンサーリンク

春になり、花粉症の私はたくさんのティッシュを使います。

寝ているときも鼻水が!

部屋に大きなゴミ箱が1つしか無かったので、枕元に置けるように臨時の簡易ゴミ箱を作りました。

クリアファイルの簡易ゴミ箱

簡易的に作った割には使い勝手が良かったです。

用意するもの

  • クリアファイル1枚(新しくても使い古したものでもOK)
  • セロテープ
  • はさみorカッター
  • ビニール袋

注意

この作り方だと、本来、クリアファイルのオモテ面にあたる部分がゴミ箱の内側になります。
(外側にすると形が崩れやすくなります)
透明の場合は問題ありませんが、可愛い絵柄のファイルで作る場合は、透明なものを1枚作って、その周りに可愛いファイルを巻くようにしたほうがいいかもしれません。

作り方

1.クリアファイルを切ります。

上と左側は口の部分なので、幅の広いほうの閉じ口を1か所、はさみかカッターで切ります。

クリアファイルのオモテ側にあたる部分を内側にして巻きます。外側にすると楕円形になったり涙型になったり、形が崩れてしまいます

私は仕事で使用するクリップが手元にあったのでクリップで止めました。

2.形を整えるために、切っていない部分をセロテープで貼ります。

セロテープしか無かったのでセロテープを使いましたが、可愛い柄のテープを貼ってもいいかもしれませんね。

ビニール袋装着

クリップで止めていない、ペラペラの方が上になるようにビニール袋をかぶせて、ビニール袋の大きさに合わせてクリップで固定します。

真上から見たところ
ビニール袋をかぶせた部分
ゴミ箱の底の部分

ブログを書いている途中で、静電気で付いたホコリが写り込んでいたことに気づいたので、一応隠しました笑

底は無いので、ゴミの入れすぎには注意が必要です。
クリアファイルなので、狭い隙間に入れて楕円形の状態でも使えます。

使わないときはクリップを外せばペラペラの状態に戻るので、邪魔になりません。ビニール袋の大きさに合わせられるので、敢えてテープで固定せずにクリップで止めてみました。

クリアファイルが裏側になっても問題なければ、可愛い絵柄のクリアファイルを使うのも良いと思います。

車の中に置くのも、邪魔にならなくて良いかもしれません。ガッチリしたゴミ箱を車の中に置くと、人が乗る足元や大きめの荷物を積むときに邪魔になったりしますよね。

生活
広告

広告

いそいそブログ