私は本当に女なのだろうか

スポンサーリンク

性格的なことです。

出産を経験しているので体は間違いなく女です。

私が考える女性のイメージ

女性といえば、きっちりメイクをしてオシャレをして、ブランド品が好きだったり宝石類が好きだったり。

「美」を追求して美容室に頻繁に通い、化粧品や洋服にお金を使う。

ブランド品やアクセサリーやお花をプレゼントされると喜ぶ。

女の私から見た女性のイメージはこんな感じです。

私は?

メイク・・・嫌い。

オシャレ・・・興味ない。

ブランド品・・・まったく興味がない。

宝石類・・・興味がなさすぎて1つも持っていない。

美容室・・・1000円カットでOK

化粧品・・・ファンデーション1個と口紅1本だけ持っている。

花・・・咲いている花を見れば綺麗だと思うけど、プレゼントされても困る。

女としてこれでいいの?と時々自分でも心配になることがあります。

宝石の話

過去に、宝石のリサイクルショップ店の人が

高価買取を実施しているので買い取りできる宝石(アクセサリー)類はありませんか?

と自宅に営業にきました。

持っていないので「持ってません」というと

女性なんだから持ってないわけないでしょう。使わなくなったアクセサリーとか無いですかね~?

ちょっと馴れ馴れしく、ぐいぐい攻める営業のやり方だとしても、女は宝石(アクセサリー)を持っていて当然。という言い方にイラッときたので

昔からアレルギー体質なのでアクセサリーは身につけたことがありません!女なのに1つも持っていなくてごめんなさいね!

と若干語尾を強めて言ったら、そそくさと帰って行きました。

アレルギー体質なのは事実ですが、持っていない理由はアレルギーのせいではないので、半分嘘で半分本当です。

靴の話

これはとある海外ドラマを見ていたときに「女性が靴を3足しか持って無いなんてあり得ない」というセリフがありました。

私・・・3足しか持ってないから女ではないのかな?と好きなドラマだけど一瞬イラッとした場面がありました。

スニーカーと冠婚葬祭用のパンプスとサンダルだけです。(冬用のブーツが1足あるのでそれを入れたら4足)

女だから持っていて当然という言い方をされると、私は女じゃないのかな?と考えてしまいます。

女であることは間違いないのですが、女らしさは皆無かもしれません。

ブランド品もいらないし、宝石類もいらない。

高級レストランよりファミレス。

デートをするならオシャレなところじゃなくて家電量販店やホームセンター。

ちょっと変わり者の部類に入るかもしれませんが、こんな女も世の中に存在しています。

雑記
広告

広告

いそいそブログ