機種変更をしました:Galaxy Note10+

スポンサーリンク

スマホの電池の消耗が激しくなってきたので機種変更をしました。

Galaxy Note10+

2019年10月18日発売のGalaxy Note10+ です。

Galaxy Note10+(ギャラクシーノート10+)- Galaxy公式(日本)
次世代レベルのパワーを実現するGalaxy Note10+。パソコン、ゲーム機、映画館、インテリジェントなペン、すべてがこの中に。

(画面)サイズ約6.8インチ
メインカメラ有効画素数約1,600万画素/約1,200万画素/約1,200万画素/深度測位カメラ(ToF)
バッテリー容量4,300mAh
内蔵メモリ(RAM/ROM)12GB/256GB
サイズ約W77×H162×D7.9mm(最厚部 8.6mm)
重量約197g

購入を決めた魅力点

Galaxy S7 edgeからの変更で、同じGalaxyですがNoteは初です。
始めはS10かS10+ のどちらかを購入予定で考えていましたが、NoteのSペンに惹かれて思い切って購入。

Sペンは絵が描けたり、文字が書けたり、リモコンになったり。
これは絶対楽しいぞ! と絵心がないくせに、絵が描けるという謳い文句にワクワクしてしまいました。

機種変更

機種変更はいつもショップでやっていましたが、今回は密を避けるためにau Online Shopで端末を購入して、自分で機種変更を済ませました。

auにあるオーラグローという色のスマホが欲しかったのですが、Online Shopでは在庫切れ。選択肢はオーラブラックのみだったので黒を購入。(よく考えたら手帳ケースを付ける予定だったので、本体の色にこだわる必要はありませんでした)

端末が届いたとき、機種変更と登録したはずが書類には端末増設と書いてあり、間違えて登録したかと思い一瞬変な汗が出ましたが

※「端末増設」は、現在ご利用中のau ICカードを差し替えてそのままご利用いただける場合の機種変更です。

引用:au

ということで、私の場合は機種変更=端末増設でした。

データ移行

初めてのオンラインでしたが、幸いなことに私はGalaxyからGalaxyの機種変更だったので、旧端末から新端末へau ICカードを入れ替えるだけで機種変更は終了。データ移行は専用アプリ『Smart Switch』を使ったのでビックリするくらい簡単でした。

Smart Switchでデータ移行をやったあと、いくつか移行出来ていないものがあったので、前もってバックアップを取っておいたauのデータお預かりサービスから一部データを移行。

使った感想

  • webやアプリゲームなどがサクサク動く(メモリが12GB/256GB(RAM/ROM)これだけあれば当然ですね)
  • カメラ(画像)がキレイ
  • 画面が大きくて見やすい
  • Sペンでメモを書くと文字がテキストに変換されるので、フリック入力が遅い私は買い物メモなどは文字を打つより書くほうが断然早い。
    Sペンを抜いた瞬間にメモ画面になるので、咄嗟にメモをとりたいときには役に立つ。
  • 絵が描けて楽しい(幼稚園児レベルの絵)ぬりえも出来るので無心で色を塗れる。

ほかにも良いところはたくさんありますが、とにかく買って良かった!買って正解!

Onlineで注文をしたのは4月20日だったのですが、現在(4月25日)Online Shopでは在庫切れになっていて注文できません。もう少し迷っていたら買えなかったかもしれません。思い立ったが吉日で即注文して正解でした。

ACアダプタ

今まで使っていたGalaxy s7のACアダプタを使えないことが分かったのは注文をしたあとでした。同じGalaxyだから大丈夫だと思ったのですが違ったので、大急ぎでOnline Shopで追加注文。
支払いも注文受付も別になってしまいましたが、3時間ほどのズレだったので同じ日に届きました。

ケース

購入したときに透明のケースは付属していました。でも、私は手帳型が好きなので別に購入。手帳型は開いてしまわないようにマグネットを使っているものがほとんどですが、そのマグネットとSペンの相性が悪いらしい(誤作動など)と書いてあったので、マグネットがないタイプのケースを購入しました。


購入したもの
広告

広告

いそいそブログ