【ATOK】Word2016で再変換ができない理由

スポンサーリンク

再変換が使えなかった原因がわかったので記録。

日本語入力ソフトのATOK(有料)

元々ATOKを使っていましたが、パソコンを買い換えたら(ATOKのバージョンが古く)正常に作動しなくなってしまったため、MS-IMEを使っていました。しかしまたATOKを使いたくなったので、まずは30日試せる「無償試用版」をダウンロードしてみました。

Word(Office2016)で再変換ができない?!

再変換は、すでに確定された文字を選択して、『shift+変換』を押すと再変換ができるというものです。

誤変換に気づいたときに、削除→入力という手間が省けるので再変換をよく使います。

しかし、Wordで作業をしているときに気づきました。何度試しても再変換ができない!

無償版だから?とはじめは思ったのですが、Windowsに入っているメモ帳では再変換ができたので、無償版が原因ではありません。

再変換ができなかった原因

原因はWordにありました。

私が利用していたWord2016が、MicrosoftストアからインストールしたWindows10用のストアアプリだったのです。

ストアアプリ版!これが原因でした

MicroOfficeにストアアプリ版デスクトップ版があることを初めて知りました。

原因が特定できた理由と対処法

再変換ができない原因を調べている途中で、実は重大なミスを発見しました。私のパソコンには元々デスクトップ版がインストールしてありました(※)

※パソコンを購入したときの書類の中に『Office Home & Business 2016』の(プロダクトキーが書いてある)パッケージがありました。それがデスクトップ版です。

しかし昨年末にWordの調子が悪くなりWordをリセットし、そのあと再インストールしたのですが、どうやらそこでストアアプリ版をインストールしてしまったようです。(プロダクトキーが書いてあるパッケージの存在をすっかり忘れていました)

ストアアプリ版をアンインストールして、デスクトップ版を再インストールすることで、ATOKの再変換機能が使えるようになりました。

1ヶ月くらい何も知らずにストアアプリ版を使っていました。今回の件がなければ、気づかずにずっとストアアプリ版を使っていたかもしれません(汗

ストアアプリ版とデスクトップ版は何がどう違うのか、調べたのですが結局のところよく理解できませんでした。ただ、ストアアプリ版だと今回のATOKのように「一部機能が制限されて利用できない場合がある」ということだけ分かりました。

覚えたこと/スキルアップ
広告

広告

いそいそブログ