品出し中の従業員

スポンサーリンク

欲しいものがあったのでホームセンターへ買い物に行ったのですが、ふだんあまり利用しない店舗で、どこに何が置いてあるのかよくわからなかったのでお店の人に聞きました。

品出し中の女性従業員がいたので、すみません……と声を掛けて「○○はありますか?」と聞いたところ、近くにいた別の従業員にスタスタと歩み寄り「○○ってある?」二人で商品棚を覗き込む「このへんに……あれ?無いかな」「無い?」「ちょっと違う△△ならあると思うけど、○○は無いね」という会話をして、そのまま私を放置して二人はそれぞれ品出し再開。

え?

私が聞いたのに、私には何も報告は無し?最後に言った「~○○は無いね」は私に向けて言った言葉?

従業員同士の会話で無いということはわかったけど、こちらを向いて「ありません」の一言くらいは欲しかったです。

ちょっと違う△△ならあると言ったけど、それのある場所も教えてもらえず、似たようなものでもいいからあるなら教えてほしかったのですが……。

その場に一人残された私は一瞬どうしたらいいのかわからず、少し離れたところで品出しを再開した従業員に「○○はないけどちょっと違うものならあるんですか?」と一応確認すると「そうですね。でも○○は無いです」と。

ここで会話は終了してまた品出しを始めたので、買い物はまだ途中でしたがここで買うのはやめて、別のお店に移動しました。

買い物カゴに少し商品を入れてしまったので、それだけは会計しましたが、本当はそれも返して帰りたいくらいでした。

売る気が無い従業員がいるお店では、買う気がなくなります。

丁寧なお店だと「ありません」のあとに「申し訳ありません」が付きますが、謝ってほしいとは思いません。

無いなら無いでいいんです。私が聞いたのに客を無視する行為が理解できませんでした。そして、代替品の候補があるのに「コレならありますよ」と教えてもくれないなんて……。

もうこのお店に行くのはやめようと思いました。少し遠くても別のホームセンターまで行きます。名札が付いているし、接客態度を見直したほうがいいですよ、Kさん。

雑記/日記
広告

広告

いそいそブログ