マスクをして自転車に乗ると息苦しいのでマスクをはずしました

スポンサーリンク

春からずっと苦しかったのですが、マスクをはずせる雰囲気ではなかったので、息苦しくてもマスクをつけて自転車に乗っていました。

厚労省の新しい生活様式に書いてあるポイントを読んで、マスクをはずしてもいいだろうと判断したので、今日はマスク無しで会社まで行きました。

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう

www.mhlw.go.jp

もちろん、会社の中や建物に入るときはマスクをつけます

会社までの道がどんな道かというと……

すれ違うのは犬の散歩やウォーキングをしている人がひとりふたり、自転車1~2台、車数台です。要するに田舎です。

国道のような広い道ではなく市道(かな?)なので、自転車同士お互い左側通行をしていれば確実に2メートル以上離れています。

歩行者が前から来たときは(後ろから来る車の有無を確認して)自転車を運転している私が大きく避けて、最低でも1メートル離れてすれ違うことが可能。

久しぶりにマスクをはずし顔全体に風をうけ、太陽の日差しも浴びて、会社までの道のりを苦しまずに自転車に乗ることができました。風は気持ちよかったのですが、マスクをせずとも暑いものは暑い。

今日、すれ違った人たちは……

2台の自転車とすれ違いました。若い男性と若い女性(服装と走るスピードで判断)、ふたりともマスクをしていました。若くてもマスクをしていれば息苦しいと思うので、すれ違うときに「YOUもマスクはずしちゃいなよ!」となぜか故ジャニーさんのような口調で心の声を強く送っておきました。声には出してません。心の声です。

もうひとり、すれ違う直前に角を曲がっていった女性がいました。たぶん私より年上です。少し小さめの自転車をゆっくりゆっくりこいでいましたが、その女性もマスクをしていました。マスクをはずしてもいいのに……。

徒歩で移動中の中学生ともすれ違いました。分散登校なのか遅刻なのかわかりませんが、ひとりだけだったのでマスクをせずに歩いていました。マスクをしない者同士ちょっぴり親近感。

マスクをしないで外に出て、誰かに何か言われたらどうしようかと少し心配していましたが、責められたりはしませんでした。もし何か言われたら「厚労省のHPを見てください!」と言おうと決めていたのですが、自粛警察のような人には会いませんでした。そもそも人通りがほとんど無いので……。

これからが夏本番。新型コロナ対策をしつつ熱中症対策もして、病院のお世話にならないように過ごしたいと思います。

からだ/健康自転車
広告

広告

いそいそブログ