長く使うと傘が雨漏りするんです

スポンサーリンク

「傘」

今年に入り、立て続けに傘が2本壊れました。

1本は古い傘なので傘の生地部分の劣化。

1本は、強風のせい。

傘が雨漏り

傘が雨漏りするまで使い込んだことはありますか?

私は使いました。たぶん10年ちょっと使ったと思います。

骨と布を留めてある部分が年々薄くなり色あせていくのは気になっていたのですが、骨が折れたり壊れて使えないわけではないので、ずっと使っていました。

ある雨の日、いつもどおり傘をさして歩いていると、頭のてっぺんに何かが……。

ん? と思ったのですが、傘をさしているから鳥糞が落ちるわけはない。そもそも雨なので鳥が飛んでいない。髪の毛が傘の骨のどこかに引っかかったのかな? とそのまま歩いていると、再び頭のてっぺんに何かが……。

なんだろう? と見上げたらおでこにポタッ……、傘をさしているのに雨がおでこにポタッと垂れました。

立ち止まって傘をジーッと見ていると、傘に小さな穴が複数あいていました。骨と布を留めてある部分に穴が空き骨を伝わり、ある程度溜まって水玉が大きくなると、ポタッ……。

雨漏りです。傘が雨漏りしています。雨漏りするまで傘を使ったのは初めてです。

その日はその傘しか持っていなかったので、ポタッと垂れるたびに頭をハンカチで拭きながら歩きました。

傘おばけのような傘

もう1本は、強風で壊れました。これは知り合いからもらったものです。

骨が折れたわけではないので、使うことは一応可能です。ただし、傘を開いても手を離すと傘がシュンッと閉じてしまいます。

傘 – Wikipedia より画像をお借りしました。

f:id:snow_neko:20200613162228p:plain
出典:傘-Wikipedia

下ろくろと呼ばれる部分が上部で止まらずに下がってきてしまいます。

ジャンプ傘なのでボタンを押すとほんの少しだけ開きます。そのあと手で下ろくろを上部まで押し上げ手を離すとシュンっと閉じてしまうので、頭に傘をかぶった状態(傘おばけのよう)になってしまうのです。

この傘を使うには、片手で手元を握り、もう片方の手で下ろくろを押さえて常に開ききった状態を保つしかありません。壊れた当日はその状態でさしていましたが、下ろくろを押さえている手(腕)がとても疲れました。

最後の傘

家にある傘はラスト1本。ビニール傘です。これは外出先で突然雨に降られてコンビニで急遽購入した傘。何年前に買ったのか記憶にありませんが、4~5年は経っていると思います。

500円ほどで購入したビニール傘ですが、たまにしか使わなかったせいか骨が少し錆びています。骨が錆びているのでビニール部分も錆が付着して若干変色していますが、傘としてはしっかり使えます。

傘をなくしたり置き忘れたりすることが滅多に無いので、傘は壊れたら買い換え。壊れなければずっと同じ傘を使い続ける主義なので、3本ともかなり長く使っていました。

その傘たちが2本続けて壊れ、たぶん最後のビニール傘も寿命が近づいていると思います。

錆びたビニール傘は、今年の梅雨を乗り越えられるでしょうか。傘は突然壊れるので、1本準備しておいたほうがいいような気がしてきました。

2本壊れたので、雨傘と晴雨兼用の傘を1本ずつ買おうか……。それとも晴雨兼用の傘が1本あればしばらく大丈夫か……。悩みます。どちらにせよ ビニール傘1本では少し心もとないので、1本新しい傘を買いたいと思います。

雑記/日記
広告

広告

いそいそブログ