初めて転売ヤーと話をした

スポンサーリンク

転売ヤーと話をしたかったわけではなく、偶然話をしていた相手が転売ヤーでした。

転売ヤーは副業で、私は本業の関係で話をしていたのですが、コロナの話題からマスクの話になり、マスクを大量に仕入れて販売(転売)したと自ら自慢げに話をしていました。しかしあまり儲からなかったようです。

儲からなかった理由が、困っている人のためにできるだけ安く販売(転売)したから。

周りがぼったくり価格で販売(転売)している中、ほかの人より安く販売(転売)したから儲けが少なかったと話してくれました。金額も教えてもらいましたが、儲けが安くてもゼロではないので、少なくても転売で儲けたことは事実です。

私は内心ムカムカと苛立っていたのですが、その感情をオモテに出すわけにはいかないので、「へぇ~、そうなんですか」と相づちを打っておきました。

お店で販売していたものを何百個と買い占めて、無くて困っている人がいるから自分の儲けを減らして「かなり良心価格で売りましたよ」と。

転売ヤーの頭の中は、みんなこんな感じなのでしょうか。

何百個と買い占めなければ大勢の人が定価でもっと安く買えるのに、なぜか普通に販売しているお店とお客さんの間にむりやり入り込んで値段を引き上げて、それをみんなのために売ってあげていると言う……。

どこをどうするとそんな考えになるのか。

さばききれなかったマスクやトイレットペーパーがまだ残っていると言っていました。「そうなんですね……」と適当に相づちを打っていましたが、心の中では「ざまあみろ」です。

そのマスクやトイレットペーパーがなくて、私がどれほど苦労したことか。

転売ヤーは知らないだろう……私の家ではトイレットペーパーが最後の1ロール残りわずかになり、今ここでペーパーが切れたらお風呂場でシャワーで流すしかないな、と覚悟を決めたことを。(助けを求めたら親戚が宅配便で数ロール送ってくれました)

そんな私に向かってトイレットペーパーが余っているだの、良心的に安く販売しているだの、笑いながら話していましたが私はハラワタが煮えくり返る思いでその話を聞いていました。

ネットニュースなどでは転売ヤーに関する記事を読んだことがありますが、実際に目の前で転売ヤー本人から話を聞くのは初めてでした。

感情を抑えられる自信がない人は、直接話をしないほうがいいと思います。

クソが! と家に帰ってきてから怒りを爆発させました(笑

雑記/日記
広告

広告

いそいそブログ